yamicha.com's Blog - Presented by yamicha.com
Blog yamicha.com's Blog - 2018/06 の記事
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30]

yamicha.com's Blog
 諸事情により、現在更新休止中。ご了承ください。もし今後ブログを再開することがあるとすれば、その際にはこのブログスクリプトではなく、新しく開発したものによるかもしれません。
 当ブログ管理者についてはこちらをご参照。
開発魔法(737)
社会問題(733)
お知らせ(11)
質問・バトン回答(15)
ゲスト出演(8)
経済・知的財産(150)
ゲーム開発(182)
[Ada] 勝手に補足
- Note
- 金配りの次の一手


- Endless Ultimate Diary
- 銃世界

漢字バトン
- うるる雑記帳
- 漢字接力棒

ツキアイゲノムバトン
- ブログ@うにうに画像倉庫
- あぶ内閣

縺イ縺セ縺、縺カ縺励ヰ繝医Φ
- 月夜のボヤキ
- 騎士サーラバトン
パスワードを使う
名無し (2012/02/27)


開発者解放裁判
yamicha.com (2010/03/14)
Winnyに関しては、私も「純白」とまでは考えておりませんし、使用し..

開発者解放裁判
通りすがり (2010/03/08)
winnyに関しては「ダウンロードソフト板」なんてところを拠点に開発..

新型インフルエンザの恐怖
いげ太 (2009/11/03)
> C#などの「int Some(int , int)」は、F#では「(int * int) ->..

時効に関する思考
yamicha.com (2009/08/31)
>いげ太さんコメントありがとうございます。手元にドキュメントが少..
Homepage
Blog Top
Normal View
List View
Search
Calendar
Comment List
Trackback List
Blog RSS
Send Trackback
Phone Mode
Administrator
yamicha.com
Blog
るううるる。
Source
法令データ提供システム
FindLaw
Development
Java2 Platform SE 6
Java EE 6 API
MySQL Developer Zone
PHP Reference
MSDN Library
Ada Reference Manual
Objective Caml
Python Documentation
Erlang
Prolog Documents
 垂オ訳ございませんが、現在このブログではトラックバックを受け入れていません。

 この記事に対してリンクされる場合には、こちらのURLをご利用ください。
http://void.yamicha.com/blog/blog.cgi?mode=view&number=424
 上記URLをトリプルクリックされますと、簡単にURL全体の選択が行えます。

※以下の記事がトラックバックされます。
おダイバトン
2006/07/16(Sun)10:41:24
 ブログ@うにうに画像倉庫さんより、今度はお題バトンなるものが回ってきました。可変性のお題について答えるものとのこと。私のお題は「カラオケの曲」だそうです。なんたることでしょう。趣味がバレるではありませんか。なに、もうバレている?それはそうですが。
 バトン回しの際、TB投げてもらえるのはやはり助かります。日ごろ見ているブログで他にtok2系を使っている人はいませんから、どこが原因であるかは全く不明なのですが、「yamicha.com RSS Reader」でRSSが読めないため、更新が分からないのです。とりあえずちょくちょく閲覧するようにはしていますが。
 それでは、能書きはこの辺にして、バトンに参ります。

1.家の中に置いてあるカラオケの曲は?
 昔は8ミリカセットがあったのですが、「カラオケの曲を置く」というのはどう解釈したものでしょう。歌えるものでよければ、色々あります。その中から割と気に入ったものを20曲ほど可逆WMAでHDDに取り込んで聞いています。最近のCCCDとやらではこのようなこともできないのですか。不便極まりなし。やはり「虚作権」はのさばらせるべきではありません
 ちなみに取り込んでいるのは、イルカ、テレサ・テン、ガロ、加藤登紀子など。他にもかぐや姫や南こうせつなど色々と。

2.今妄想しているカラオケの曲は?
 妄想とは、一体どういう。別に四六時中カラオケの曲を考えているわけでは。実装の際は極限の精神集中状態を長時間維持しなければなりませんので、カラオケの曲を妄想するのは難しいです。
 ただ、バトンを回してくださったブログ@うにうに画像倉庫さんが西遊記の再放送を見たりしていたとのことで、そこから次々連想するなら、ガンダーラ(ゴダイゴ)、街の明り(堺 正章)辺りでしょうか。好きなカラオケの曲を耳のそばで、君のために低く歌い。

3.最初に出会ったカラオケの曲は?
 確か「黒の舟歌」です。個人的には男女差より、開発者かそうでないかの方が人格的に異なっている気がします。車の免許を持っている方の多くは経験済みでしょうが、免許を取ると道路を歩く場合であっても、車の動きがほとんど読めるようになります
 同じく、開発者になるとものの見え方が完全に変わります。ある意味で「一般人」との乖離が生まれます。開発者は「論理的に道筋を立て、無限にある答えから自分に合った1つを導き出す」ものですから、文系でも理系でもいけません。ゆえに「理系は開発者」というのは理系至上主義者が言い出したハッタリです。
 そうすると、「男女差」などは開発者同士では別に存在しなくなり、逆に「開発者と一般人の間には、深くて暗い川」が生じます。これを日本人は「変人」と呼びます。例えば男はアルバトロス、例えば開発者は宇宙外生命体。

4.特別な思い入れのあるカラオケの曲は?
 特別ではなさそうですが、「なごり雪」。他人とカラオケに行くと、私は様々なフォークを100曲ほどは歌えるのですが、他の人は聞くと気分が悪くなるような音楽(なぜかは知りませんが、曲によっては吐き気がします。ほとほと困っています)を歌い、唯一の共通言語が「なごり雪」ということも珍しくありません。イルカだと、個人的には「海岸通」の方が好きなのですが。
 今回、バトンが「カラオケの曲」で回ってきたから余裕で答えられましたが、これが「モエ」やら「最近の曲」やら、はたまた特撮モノ、フィギュア、有名人であったりすれば、大変なことになっていたでしょう。あなたがカラオケの曲を選んだのは、私への思いやりだったのでしょうか。
 「五番街のマリーへ」や「リンダ」のような意味深な曲も。どちらもそれなりのエピソードがあるようです。アン・ルイスはミドルネームがリンダであり、それの結婚に贈られた曲であるとか。テレサ・テンといい、どうしてああも日本人離れしているのでしょう。なお、日本語部分と英詩の部分は結構内容が違います。
 「知床旅情」は知床の取材・撮影後に住民と別れる際、即席で作られた曲だそうです。ですから「別れの日は来た、ラウスの村にも。君は出て行く、峠を越えて」というのは実際そうなのです。なお、知床には実際に「羅臼」という地名があります。
 あと「虹と雪のバラード」、札幌オリンピックの歌です。この前、これの作詞を手がけた方が死去したとのことでしたが、曲は当面残るのです。最近のくだらない愛唱歌の多さといったら。ところで、日本に戦争と万博とオリンピックは要りません。
 「オリビアを聴きながら」。以前から割と好きな曲なのですが、なぜか知っている人がちらほら。何と某ドラマの主題歌になっていたようです。名曲を掘り出してくるのは構いませんが、こういう使い方は正直迷惑です。若い人が曲に先入観持ったらどうする。「海岸通」とか下手なドラマに使われたら、私はきっと抗議文を送ります。

5.最後にバトンを回したい五人とそれぞれのお題は?
 相手がバトンを負債とみなさないのであれば、回すことはできます。できるのですが。お題をどうすべきか全く分かりません。

・今妄想している勘定科目は?
・特別な思い入れのあるタバコ規制方法は?
・家の中に置いてある数学の定理は?
・最初に出会ったマスコミによるねつ造報道は?

 却下。ゆえに回すのはやめておきます。答えたい方、お好きなようにお題を考えて持っていってくださいな。それにしても「音楽」で回されなくて良かったです。「ゲーム音楽」などであれば大変なことになっていたでしょう。自分の曲の中では、「騎士サーラのテーマ曲」など好きですが。
 ゲームソングについては、書き始めるとキリがありませんが、FF6の崩壊後飛空挺入手後、天地創造の森の中の曲、イース4の平原の曲、タクティクスオウガの最初のタインマウスの丘で流れる曲、FC版カービィの2-1の曲、フロントミッションのOCU・PMO軍との敵対後のフィールド音楽、同ガンハザードの出撃画面音楽など。これは後にその手のバトンが来たら、詳しく語ることになるでしょう。そういうバトンが来るかは別として。
 まだバトンが続くかもしれないので、本日のところはこの程度にしておきます。
カテゴリ [質問・バトン回答] [トラックバック 0][コメント 0]
<- 前の記事を参照 次の記事を参照 ->

- Blog by yamicha.com -