yamicha.com's Blog - Presented by yamicha.com
Blog yamicha.com's Blog - 2017/11 の記事
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30]

yamicha.com's Blog
 諸事情により、現在更新休止中。ご了承ください。もし今後ブログを再開することがあるとすれば、その際にはこのブログスクリプトではなく、新しく開発したものによるかもしれません。
 当ブログ管理者についてはこちらをご参照。
開発魔法(737)
社会問題(733)
お知らせ(11)
質問・バトン回答(15)
ゲスト出演(8)
経済・知的財産(150)
ゲーム開発(182)
[Ada] 勝手に補足
- Note
- 金配りの次の一手


- Endless Ultimate Diary
- 銃世界

漢字バトン
- うるる雑記帳
- 漢字接力棒

ツキアイゲノムバトン
- ブログ@うにうに画像倉庫
- あぶ内閣

縺イ縺セ縺、縺カ縺励ヰ繝医Φ
- 月夜のボヤキ
- 騎士サーラバトン
パスワードを使う
名無し (2012/02/27)


開発者解放裁判
yamicha.com (2010/03/14)
Winnyに関しては、私も「純白」とまでは考えておりませんし、使用し..

開発者解放裁判
通りすがり (2010/03/08)
winnyに関しては「ダウンロードソフト板」なんてところを拠点に開発..

新型インフルエンザの恐怖
いげ太 (2009/11/03)
> C#などの「int Some(int , int)」は、F#では「(int * int) ->..

時効に関する思考
yamicha.com (2009/08/31)
>いげ太さんコメントありがとうございます。手元にドキュメントが少..
Homepage
Blog Top
Normal View
List View
Search
Calendar
Comment List
Trackback List
Blog RSS
Send Trackback
Phone Mode
Administrator
yamicha.com
Blog
るううるる。
Source
法令データ提供システム
FindLaw
Development
Java2 Platform SE 6
Java EE 6 API
MySQL Developer Zone
PHP Reference
MSDN Library
Ada Reference Manual
Objective Caml
Python Documentation
Erlang
Prolog Documents
 垂オ訳ございませんが、現在このブログではトラックバックを受け入れていません。

 この記事に対してリンクされる場合には、こちらのURLをご利用ください。
http://void.yamicha.com/blog/blog.cgi?mode=view&number=774
 上記URLをトリプルクリックされますと、簡単にURL全体の選択が行えます。

※以下の記事がトラックバックされます。
無理知国災再び
2010/08/02(Mon)01:36:31
 ねじれ国会、小沢氏の暗躍など波乱含みの民主党ですが、ここで見逃せない動きが登場してきました。国民新党の亀井氏が、菅氏に対して無利子非課税国債の導入を進言したというのです。今のところ菅氏は「勉強する」とだけ返答し、まだ具体的な話は出ていないようですが、今後の民主党及び菅氏の対応によっては導入がなされる可能性も否定できません。なお、同案は麻生政権時にも導入が検討されましたが、その際には見送りとなりました。
 亀井氏は消費税増税に慎重な立場を取っており、無利子非課税国債によって増税をせずに財政再建に必要な財源を手に入れようとのもくろみがあるようですが、あまりにも安易な帳尻合わせの一言に尽きます。相続税の免除自体にも問題点が多く、消費税増税には国民からの反発を受けても、相続税免除を引き換えにした借金であれば怒らないと考えているのであれば、国民をバカにするにもほどがあります
 相続税について詳しく知りたい方には相続税法を読んでいただくとして、要点を簡単にかいつまんで記述すれば、まず相続資産には最低でも6000万円(基本5000万円に加え、相続を受ける者1人につき1000万円)の控除がなされ、それを超過した部分に対して相続税がかかります。また、税率も金額が少ないうちは10%に過ぎず、最高税率である50%が適用されるのは課税部分のうち3億を超過した部分のみであるなど、極めて累進性の高いものとなっています。すなわち、大半の一般家庭にはあまり縁がなく、資産家の相続には大きな影響を持つ税であるといえます。
 無利子非課税国債は、この税を免除あるいは軽減することと引き換えに無利子での借金を行うものです。わざわざ言うまでもありませんが、これは相続税にあまり縁がない一般家庭にとってはメリットのない代物である一方、大量の相続税を取られる資産家にとっては明らかに有利な政策です。同債が実際に運用されるとなれば、不公平感を軽減するために一定の制限は設けられるはずですが、いかに制限を強化したとしても大量の相続税支払いが必要な層に対してのみ有利な選択肢を提供することに変わりはありません。
 また、世の中の大半の税は「富の再分配」の意味を多分に含んでおり、特に相続税は単に収入を分配するという意味合いだけでなく、「金持ちの子は金持ち」という富の偏在・格差の固定化を軽減する機能も併せ持っています。格差の固定化は不公平感を増大し、社会から活力を奪ってしまう恐れもある重大な問題ですが、果たして亀井氏はそこまで考えた上でこのような案を提示しているのでしょうか。
 また、無利子非課税国債は確かに「国民資産」を無利子で活用できる方法ではありますが、借金はあくまで借金です。そもそも「無利子」という言葉が曲者で、無利子を我慢してもなお十分な利益のある条件でなければ同債を買う人などいないことを忘れてはいけません。同債分の財源を上手く弱者に振り向けられれば、弱者にもメリットのある政策にならないとは言い切れませんが、無利子とはいえ結局は借金であること、無利子と引き換えにそれ以上のメリットを提供しなければならないことなどを考えれば、単なるおためごかしに終わる可能性が極めて高いといえるでしょう。
 すなわち、無利子非課税国債は消費税に比べて負担が軽いようでいて、簡単に検証するだけでもこれだけの重大かつ多量の問題が存在し、逆進的であるとはいえ課税額が購買力にある程度比例し、しかも生活用品の減免や補助などによる弱者の負担軽減を図る余地がある消費税に比べ、公平あるいは軽負担であるとは到底いえません。ある意味、国民に見えにくいところでコソコソと細工をして帳尻を合わせようとする無利子非課税国債より、批判覚悟の消費税の方がまだ正当であるとさえいえます。
 さらに何より不安なのは、仮に無利子非課税国債が導入された場合、実際には「明日の相続税」をツケにしたものでありながら、「今日」の便利さのために際限がなくなってしまいかねない点です。特に亀井氏は消費税増税をせずに同債を発行すべしと主張していますが、これでは収支は当面プラスには近づきません。そうして無利子の借金に慣れてしまうと、無利子の借金返済のために泥沼的に無利子の借金を行い、気づいた時には国内資産は枯渇し、しかも格差が対処のしようがないほどに固定化され、社会は活気・流動性をなくし、国民の不公平感も極限まで増大するという、最悪としか形容しようのない状況にも陥りかねません。
 そして、単に亀井氏が無利子非課税国債を計画しているだけであれば、亀井氏の妄想に過ぎないとして片付けることもできますが、もし菅氏が乗り気になれば妄想では済まされません。麻生政権でもこの案が出ていたように、自民党内にもこれを主張する者は存在し、両党の協力によって実現される可能性が否定できないためです。
 言うまでもなく、菅氏はこの案を安易に採用すべきではありません。数々の短所からして好ましい案とはいえませんし、仮にどうしても実現する必要があるとしても、多くの短所を上手く回避する綿密な計画が必要となるためです。そして、この案を本気で検討している姿勢を見せようものなら、本問題は確実に小沢氏の暗躍、消費税増税して法人税減税問題に次ぐ菅氏・民主党の泣き所となるでしょう。
 亀井氏や国民新党の立場はともかくとして、菅氏は責任ある与党として消費税増税の話もしており、それ自体は悪いことではありません。しかし、それとセットの法人税減税に関しては、かなりの批判があると見るや、あわてて「優遇措置廃止による財源捻出」に方針転換し、さらには突如として所得税の最高税率見直しも検討、最後には「消費税を上げる際には改めて信を問う」と大幅に主張が後退するなど、氏の税制発言はひたすらに混迷を深め、参院選敗北の原因となりました。この上さらに「消費税を上げずに無利子非課税国債」などといい加減かつ政権与党として無責任なことが言えるわけがありませんし、かといって消費税増税で弱者にも少なからぬ負担を求め、その一方で相続税は優遇するなどと言い出せば、民主党がいっそうの失望を集めるのは確実です。しかも、民主党や菅政権がこのようなことを言い出したとなれば、所得税最高税率引き上げ、法人税の優遇措置廃止による財源捻出なども、消費税への批判をかわすための口約束と判断されても仕方がありません。
 無利子非課税国債問題に関しては、負担や問題点が消費税よりは見えにくい上、問題を理解するためには相続税法や富の分配に関する若干の知識が必要となり、政治家の間には「消費税より通すのが楽」という意識があるのかもしれません。しかし、国民をあまり侮ってばかりいると、じきに手痛いしっぺ返しを受けることになるでしょう。

 このほどGlassFish v3 PreviewをOracle GlassFish v3 Open Sourceに取り替えてみました。昨年の間のPreviewとその後のPreviewでは全くといって良いほど変わっており、昨年のPreviewではJPA 2.0の機能をほとんど使えなかったばかりか、Adminコンソールすら相当貧弱であったところを、後期PreviewはJava EE 6の仕様をほとんど満たしたものとなっていましたが、それだけに正式版にはさほど目新しさがありません。
 しかし、ドキュメントにOracle GlassFish Server 3.0.1 Scripting Framework Guideなる怪しい項目が加わっており、何とJRuby on Rails、Grails、Jython、PHPの使い方が書かれています。PHPに関しては、以前にやや面倒なBridgeを使ったことがありましたが、先のドキュメントによれば「warをダウンロードして配備する」というお手軽仕様である模様です。Java EEでPHPが平然と動く(しかも公式ドキュメントに記載)のは面白そうですので、動かしてみないわけにはいきません。
 以下、極めて簡単に動かす手順の覚え書きです。ドキュメントに記載されている方法よりいい加減ですが、デバッグや実験には便利です。
  1. このサイトからQuercusをダウンロード。表記は"war"だが、なぜかzip形式で入手できる。
  2. これを任意の場所に解凍。ディレクトリ名には分かりやすいものを使用。Java EEやGlassFish専用の作業場ディレクトリがあるなら、そこに解凍するのがよい。
  3. Adminコンソールを開き、これをディレクトリごとデプロイ
  4. 後は"Launch"(言語が日本語なら「起動」)。成功メッセージが表示されれば成功。Quercusはindex.phpの内容をパースして表示している。
 Java EEの上にPHPが乗っかっているような操作性で扱えて分かりやすいです。
 index.phpの動作が確認できたら、次は自分のPHPコードを動かしてみなくては話になりません。以下のような適当なコードをhello.phpとして保存し、
<html>
<head>
<title>Hello Quercus</title>
</head>
<body>

<ul>
<?php
$arr = array("GlassFish" , "Quercus" , "PHP");

foreach($arr as $a){
	print "<li>Hello <b>$a</b>.</li>";
}
?>
</ul>

</body>
</html>
 「(サーブレットのURL)/hello.php」を開いてみると、無事にhello.phpの内容がパースされて表示されました。やはり本物のPHPを動かしているような感覚で、なかなか使いやすそうです。
 これでひとまずPHPが動くのは分かりましたが、それではフォーム値はPHPのやり方で処理できるのでしょうか。実際に試してみました。
<html>
<head>
<title>Hello Quercus</title>
</head>
<body>

Q:I like Spam.<br />
Q:I love Spam.<br />
Q:Spam is very delicious.<br />
Q:Do you like Spam?<br />

<?php
if(isset($_POST["answer"]) && $_POST["answer"] != ""){
	print "A:<b>" . $_POST["answer"] . "</b>";
}else{
	print <<<EOF
<form method="POST">
Your answer: <input type="text" name="answer" size="20">
<input type="submit" value="Say">
</form>
EOF;
}
?>

</body>
</html>
 適当に入力して送信してみて、入力したテキストが表示されれば成功です。
Q:I like Spam.
Q:I love Spam.
Q:Spam is very delicious.
Q:Do you like Spam?
A:I DON'T LIKE SPAM!
 どうやら引数も普通のPHPと同様に処理できるようです。
 他にもPHPには様々な機能があり、$_FILEの扱い、チェックボックスの"name[]"のテクニックなどがQuercusでも使えるかは気になるところですので、この辺の調査も必要そうです。
カテゴリ [開発魔法][社会問題][経済・知的財産] [トラックバック 0][コメント 0]
<- 前の記事を参照 次の記事を参照 ->

- Blog by yamicha.com -