yamicha.com's Blog - Presented by yamicha.com
Blog yamicha.com's Blog - 2017/11 の記事
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30]

yamicha.com's Blog
 諸事情により、現在更新休止中。ご了承ください。もし今後ブログを再開することがあるとすれば、その際にはこのブログスクリプトではなく、新しく開発したものによるかもしれません。
 当ブログ管理者についてはこちらをご参照。
開発魔法(737)
社会問題(733)
お知らせ(11)
質問・バトン回答(15)
ゲスト出演(8)
経済・知的財産(150)
ゲーム開発(182)
[Ada] 勝手に補足
- Note
- 金配りの次の一手


- Endless Ultimate Diary
- 銃世界

漢字バトン
- うるる雑記帳
- 漢字接力棒

ツキアイゲノムバトン
- ブログ@うにうに画像倉庫
- あぶ内閣

縺イ縺セ縺、縺カ縺励ヰ繝医Φ
- 月夜のボヤキ
- 騎士サーラバトン
パスワードを使う
名無し (2012/02/27)


開発者解放裁判
yamicha.com (2010/03/14)
Winnyに関しては、私も「純白」とまでは考えておりませんし、使用し..

開発者解放裁判
通りすがり (2010/03/08)
winnyに関しては「ダウンロードソフト板」なんてところを拠点に開発..

新型インフルエンザの恐怖
いげ太 (2009/11/03)
> C#などの「int Some(int , int)」は、F#では「(int * int) ->..

時効に関する思考
yamicha.com (2009/08/31)
>いげ太さんコメントありがとうございます。手元にドキュメントが少..
Homepage
Blog Top
Normal View
List View
Search
Calendar
Comment List
Trackback List
Blog RSS
Send Trackback
Phone Mode
Administrator
yamicha.com
Blog
るううるる。
Source
法令データ提供システム
FindLaw
Development
Java2 Platform SE 6
Java EE 6 API
MySQL Developer Zone
PHP Reference
MSDN Library
Ada Reference Manual
Objective Caml
Python Documentation
Erlang
Prolog Documents
多角的逆襲バトン
2005/11/06(Sun)02:35:36
 またしてもバトンが飛んできました。しかし、今度の私は一味違います。ということで、簡単に回答をば。

・おはようバトン
1.睡眠時間はいかほど?
 まちまち。寝られる時は6時間ほどな寝ておきたいものです。頭の稼働時間と使用率がかなり大きいので、ボーッとするのは辛いのです。

2.寝た時間は?
 これまたまちまち。決まった時間はなく、時には「1時間寝て起きて数時間作業してまた1時間寝て起きて・・・」ということも。

3.起きてまず身体の何処を動かしましたか?
 頭、といっても脳です。よく「起きて2時間しないと頭が目覚めていない」といいますが、私の場合は起きた瞬間から脳の使用率が100%のため、いきなりプログラムを打っても全くいつも通りの効率が出せます。

4.朝ご飯は食べる方?
 どちらでも。燃費がやたら良いらしく、朝どころか朝昼抜いても辛いと感じたことはありません。おかげで自動車学校に行った時は「朝なし -> 10〜11時ごろから3〜4時辺りまで教習で昼なし -> 夜のみ」のようなパターンが結構ありました。


 例によってバトンは止め置きます。しかし、今回の私は一味違うのです。というわけで反撃バトンを作ってみました。私らしい内容になっていますが、なかなか面白いはず。

・コングロマリット創作バトン
※回答不可能・困難な項目は見送って差し支えありません。

1.とりあえず、差し支えなければバトンを受け取った相手の創作に関する情報を(創作のタイトルやURLを書くなり、簡単な紹介を書くなり、ご自由に)。

2.相手のキャラでお気に入りはいますか?目安5名ほど(3名でも10名でも何でも可)。

3.自分の持ちキャラの中で可能な限り強い人、それから相手のキャラで同じく強い(と思われる)人が異種間戦闘を行ったとします。戦った2人は誰と誰ですか?また、どのような戦闘によりどちらが勝利するものと考えられますか?

4.自分の作品と相手の作品の融合があったとして、見てみたいものは?(例えば相手のキャラが自分の武器を持っているなど)

5.それでは、同じく共演して欲しい人たち、気が合いそうな人たちは?(人数・設定問わず)

6.あなたの背中は私が守る、自分のキャラと相手のキャラで共闘できそうな2人は?また、その戦闘スタイルは?

7.相手のキャラの魅力を一言でも文章でもいいのでどうぞ。

A.いわゆる「次にバトンを回す5名」です。もし協力してくれそうな人、バトンを欲しがっているような人がいるなら、バトンを回す人を指定してください(相手は何人でも可)。いないなら記入不要、0人可。

B.このバトンを誰かが勝手に持って行って回答することを許可しますか?許可する場合、誰かが勝手にバトンを取って行って、例えば3番の質問で自分のキャラが負けていたとしても、怒らないようにしてください。

C.もし複数の作品をお持ちの方で「この作品について答えてほしい」「この作品については答えないで」といった指定、または次の人に伝えたい備考などがある場合はこちらで。


 以上です。私らしいバトンではありませんか。通常、バトンは2度以上回されてはやりようがありませんが、このバトンは回す人の数だけ答えがあります。なお、次に回す人の記入は強制ではありません。バトンにはチェーンメール性がありますから。特に、相手とは知り合いでも相手のオリジナルを知らない状態でいきなり「答えてください」と回されても、非常に困ります。こうした回し方は避けるようにしましょう。その代わり勝手に答えてもらうことができるようにしてみました。
 一部、戦闘が前提のような質問があって、平和型の話の作者さんにとっては辛い質問かもしれません。ただ、バトンとは大抵がそういうものですから、そこは臨機応変に。オリジナルを複数持っている人の中には、戦闘系と平和系の両方を持っている人もいますから、この場合はそれぞれ質問にあわせてキャラをチョイスすれば良いでしょう。
 コングロマリットとは「多角的経営」や「買収による異業種参入経営」といった意味合いですが、相手のキャラが入ると世界が多角的になるものです。もしよろしければお試しを(試してみたい方はトラックバックが便利です)。
 といっても、発信元が答えられないのがこのバトンの難点なのですが。1〜7は逆立ちしても答えられないので、とりあえずA〜Cについては答えてみます。

A.いわゆる「次にバトンを回す5名」です。もし協力してくれそうな人、バトンを欲しがっているような人がいるなら、バトンを回す人を指定してください(相手は何人でも可)。いないなら記入不要、0人可。
 一次創作、調味料といった様々なバトンを回してくださる雛世さん、あなたが最初の犠牲者です。

B.このバトンを誰かが勝手に持って行って回答することを許可しますか?許可する場合、誰かが勝手にバトンを取って行って、例えば3番の質問で自分のキャラが負けていたとしても、怒らないようにしてください。
 当然許可です。

C.もし複数の作品をお持ちの方で「この作品について答えてほしい」「この作品については答えないで」といった指定、または次の人に伝えたい備考などがある場合はこちらで。
 特にこれといっては。とりあえず3番に答えてくださる方向けに備考ですが、あの騎士と魔道士のどちらが強いかは私も知りません。役割が違うだけで、強さは同程度でしょう。後はお好きなように。

 ふっふっふ、これでようやく反撃がなせました。

 例によってこれだけでは何ですから、実装論について。
 プログラム開発ほど書き方に流派のあるものはありません。以下の書き方は私がいつも用いている方法であり、人間の数だけ書き方があるのですから異論があるのは当然です。ただ、正解のない問題ですから、色々な考えがあるのは良いことです。そこで私流の実装規則をいくつか。

1.基本文法
void main(){
	printf("text");
}

if(a > 100)
	a = 100;

int *p;

func(arg1 , arg2 , arg3);
 まず1つ目、これが私のブロックの書き方です。こだわりとしてはmain() と { の間にスペースを入れない点。それから、人によっては main() と { の間に改行を挟んだりするのですが、私は挟んでいません。
 2つ目、中カッコを省略できる場面では遠慮なく省略します。3つ目、人によっては int* p などと書いたりして、実はこれが正解なのですが、これだと「int* a , b , c;」のような場面で「aのみがポインタ型とみなされる」ことになり、見づらくなります。それなら「int *a , *b , *c;」と書いた方が直感的に分かりやすくなります。とはいえ、私は大抵宣言時に初期化(0やNULLを入れるなど)するため、まとめて変数を書くことはほとんどありませんが。
 4つ目、他にはよく func(arg1, arg2, arg3); のような書き方がありますが、どうにもなじめません。空白1つで分かりやすさが違います。ここは好みの問題ですし、この程度でコードが読めなくなったりはしませんから、どうでも良くはあります。ただ私の記述ではこのようになっているというだけです。

2.命名規則
// ただしJavaの命名とする
int array_length;

static final int FIELD = 0;

public void getLength(){
}
 こちらも1つ目から順に。私はC/C++育ちですから、この場合に「arrayLength」と変数を名づけることはしません。また、変数の名づけ方を「array_length」のように統一することで、メソッドと変数をうっかり間違えることがないという実装上のメリットも出てきています。特にクラス内で処理する時には便利です。
 2つ目、定数フィールドは大文字です。これもC/C++の#defineより。3つ目はメソッドですが、こちらは郷に入っては郷に従え、先頭のみ小文字です。これは従っておかなければ、例えば他の標準APIでgetLength()というメソッドが存在したら、
// Petern.1
myclass.GetLength();
apiclass.getLength();

// Petern.2
myclass.get_length();
apiclass.getLength();
 となって分かりづらいことこの上ありません。それどころか、バグの元にすらなりかねません。それから、ローカル変数とクラス変数でこれといって名称を区別はしていませんが、ローカル変数に「int x;」「y」のようなものが少なくないのに対し、クラス変数ではそこそこまともな名前をつけます。
 最後に忘れてはならないのがこれですが、

3.コメント
int i = 0;	// 処理のコメント
/*
複数行コメントなら
このように記述すればOK
*/
 基本的にこれだけです。いちいちコメントを飾り付けたりはしません。色分けのないエディタで読む際は、/* */ コメントが見やすいようにコメント中の行頭に * をつけるなどして欲しい、のような合理的な主張もあるにはあるのですが、あいにく私は /* */ コメントを「何らかの記述の一時コメントアウト」程度にしか用いていません。なぜかといいますと、
int i = 0;	// 0で初期化
i += 100;	// 100を代入
i *= 10;	// 10倍する
 このような処理をコメントアウトするには、最初の行に「/*」、最後の行に「*/」を入れるだけで良いのですが、仮に通常のコメントに /* */ を使っていたら
/*
int i = 0;	/* 0で初期化 */
i += 100;	/* 100を代入 */
i *= 10;	/* 10倍する */
*/
 コメントはネストできないため、処理部分2行目(i += 100;)からはコメントとみなされない上、最後の「*/」が意味不明な記述になってしまい、エラーが出てしまうのです。これを避けるには、/* */ にしか対応していないC言語でもない限り、通常のコメントは「//」で行い、処理をコメントする場合にのみ「/* */」を用いる方が合理的です。
 以上、私も少しは合理性を考えて書いているものです。そういえば、便利ながらあまり知られていないものに「3項演算子」があります。これは
int value = rand() % 256;

// 3項演算子の場合
value = value > 100 ? value : 100;

// ifの場合
if(value > 100)
	value = 100;
 値を返すだけに限るとはいえ、if処理を1行で記述できてなかなか便利なのですが、明らかに可読性が低下するため、あまり使いません。
 以上がバトン回答と新バトンと私の書き方規則でした。
カテゴリ [開発魔法][質問・バトン回答] [トラックバック 2][コメント 0]
<- 前の記事を参照 次の記事を参照 ->

Trackback(2)
バトンなど色々溜まってます。(from 月夜のボヤキ) - 2006/03/20(Mon)09:54:46
1週間のうちに色々有りました。 Orzんー知ってる人は知ってると思いますけど次の

バトンなど色々溜まってます。(from 月夜のボヤキ) - 2006/03/20(Mon)09:54:23
1週間のうちに色々有りました。 Orzんー知ってる人は知ってると思いますけど次の


- Blog by yamicha.com -