yamicha.com's Blog - Presented by yamicha.com
Blog yamicha.com's Blog - 2017/09 の記事
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30]

yamicha.com's Blog
 諸事情により、現在更新休止中。ご了承ください。もし今後ブログを再開することがあるとすれば、その際にはこのブログスクリプトではなく、新しく開発したものによるかもしれません。
 当ブログ管理者についてはこちらをご参照。
開発魔法(737)
社会問題(733)
お知らせ(11)
質問・バトン回答(15)
ゲスト出演(8)
経済・知的財産(150)
ゲーム開発(182)
[Ada] 勝手に補足
- Note
- 金配りの次の一手


- Endless Ultimate Diary
- 銃世界

漢字バトン
- うるる雑記帳
- 漢字接力棒

ツキアイゲノムバトン
- ブログ@うにうに画像倉庫
- あぶ内閣

縺イ縺セ縺、縺カ縺励ヰ繝医Φ
- 月夜のボヤキ
- 騎士サーラバトン
パスワードを使う
名無し (2012/02/27)


開発者解放裁判
yamicha.com (2010/03/14)
Winnyに関しては、私も「純白」とまでは考えておりませんし、使用し..

開発者解放裁判
通りすがり (2010/03/08)
winnyに関しては「ダウンロードソフト板」なんてところを拠点に開発..

新型インフルエンザの恐怖
いげ太 (2009/11/03)
> C#などの「int Some(int , int)」は、F#では「(int * int) ->..

時効に関する思考
yamicha.com (2009/08/31)
>いげ太さんコメントありがとうございます。手元にドキュメントが少..
Homepage
Blog Top
Normal View
List View
Search
Calendar
Comment List
Trackback List
Blog RSS
Send Trackback
Phone Mode
Administrator
yamicha.com
Blog
るううるる。
Source
法令データ提供システム
FindLaw
Development
Java2 Platform SE 6
Java EE 6 API
MySQL Developer Zone
PHP Reference
MSDN Library
Ada Reference Manual
Objective Caml
Python Documentation
Erlang
Prolog Documents
カテゴリ表示
 カテゴリ 質問・バトン回答 に当てはまるもののみを表示します。

 存在する記事 15 件の中から 1-5 件を表示しています。
ストーリーバトン
2006/10/22(Sun)20:11:40
 ブログ@うにうに画像倉庫さんより勝手にいただいたストーリーバトン。何やら意味もなく長いです。面白いかどうかは保証しませんが、一発ネタには悪くないでしょうか。
 今回もTBを送りたかったのですが、またも拒否されました。tok2のブログがおかしいのか、私が何か悪いことでもしたというのか。ローカルサーバー上で自己TBなどを行った場合には、実に正しく動作するのですが。

ある日、世界が悪魔に征服されました。
悪魔を倒しに行こうと立ち上がった者が大勢いましたが、みんなやられてしまいました。
その事実を知った他の者達は、戦意を失ってしまいました。
そんな中、悪魔に立ち向かおうとしている者がいます。
それは「バトンを受け取ったあなた」です!

 何か非常に無謀な気が。大勢が勝手に突っ込んでいってむざむざやられるなら、それらの人々で軍隊でも作るべきなのでは。RPGにしても、3、4人で世界最強の敵に立ち向かうというのはそもそも非現実的です。核より強い技を持っているようなのを、道中鍛えたとはいえ数人で倒そうなどとは無理でしょう。

・第1章『出発の時』

1.あなたの名前と職業は?
 RPGでありがちなキャラメイクですか。しかし、もし私がキャラメイクなどを行おうものなら、
Q.魔法使いが目の前に現れ、何かを1つだけ授けると言った。何をもらうか?
A.技術
Q.ここに大小アルカナすべてのタロットがある。1枚だけをお守りとするなら、どれを取るか?
A.フール
Q.長旅の始めに、魔法を覚えていくことにした。それは何魔法か。白、黒、それとも・・・
A.開発魔法
 このようになってしまうでしょう。意味不明です。
yamicha.com - 開発者(魔法APIに精通しており、全属性全魔法が使用可能。理論上は。かの革命魔道士は開発者からの派生である)

2.何時ごろ出発しますか?
 とりあえず今からでしょうか。夜明け前なら歩ける程度に明るくなってから。

3.これから悪魔を倒しに行きますが、何を持って行きますか?
(A,B,C)体力があまりないので、持っていける道具は3つのみです。
A.開発に使う専門書
B.決算8桁精算表
C.手帳と筆記用具

・第2章『山道で……』

1.山道で、魔物と遭遇しました。持ってきた道具を使ってどうやって倒しますか?
 いきなり敵襲(しかも魔物)ですか。
「ほう、あなたが魔物さんですか。こんなところをパトロールご苦労様です」
「全く悪魔のヤロウ、エリートの俺をこんなところに・・・」
「エリートですか。頭がよろしいのですか?」
「当たり前だろ!俺に解けない問題はない、ってな」
「では魔物さん、お伺いしたいのですが。実はここの実装で困っておりまして。これ、どういう意味なのでしょう」
「むむっ・・・。ま、ま、待ってろ!し、調べてきてやる!」
 敵逃走につき勝利。

2.倒した後のキメ台詞はなんですか?
 勝利も何もあったものではありませんが。魔物はおつむが弱いのでしょうか。あきれ果てて無言で進軍します。

・第3章『砂漠で……』

1.…道に迷いました。どうしますか?
 どこをどうやって砂漠に到達したのかが問題です。普通そんなところに入らないでしょう。とりあえず、本当に遭難しないうちに引き返すべきです。

2.取った行動は全くの無意味でした。どうしますか?
 いわゆる遭難ですか。太陽の方角などを色々検討しつつ、最善のルートを。

3.…さらに無意味でした。
しかし、そこへ神様が現れ、あなたを砂漠から脱出させてくれました。
お礼の言葉は?
 砂漠から出られたは良いものの、ここはどこですか。これでは遭難しているのは同じではありませんか。

・第4章『悪魔の城へと続く道』

1.ここまで来ると、さすがに強敵ばかり現れます。そこであなたはこう考えました。
「そろそろ新技が必要だな…」その新技を習得するための修行はどんな修行?
 開発魔法と他分野の融合。if文で法の適用範囲を考えたり、JDBCとSQLを使って簿記を扱ったり、SQLで三角関数や統計を。

2.新技を習得するのにどれくらい時間がかかると思いますか?
 開発魔法及び他分野の両方を知っていれば、習得には一切時間はかかりません。悪魔の城の近くに実装を試せるような場所もないでしょうし。

3.新技の名前は?
 技術アカンベーション。いわゆる技術欠新。私の開発魔法よりも政府くんだりのイット政策にピッタリの名前です。

4.新技を習得し、先へ進むと門がありました。そこには何がいますか?
 なぜかグレイプニルで封じられたフェンリルが。

5.「4の解答」は敵みたいです。新技を使ってみました。その時の相手のセリフは?
 開発だと?統計だと?私が長らく封じられている間に、人間はそんな技術を・・・。

6.あっけなく倒せました。門が開き中へ入ると、城にはカギがかかってました。
 一体どうやって倒したのでしょう。勉強しに帰ったのでしょうか。迂回して入るしかないでしょう。

  ・第5章『悪魔城:1階』

1.城に入ると突然お腹が痛くなってきました。その原因は?
 悪魔城のトイレは有料だそうで、収入源確保のため。

2.その状態で最上階を目指していきます。
2階へ上がる階段の前にとても強そうな敵がいます。
戦える状態ではないので話し合いをしようと試みます。どんな会話?
 現在、三角関数の実装で困っていまして。助けていただけませんか?

3.3時間近くにも及ぶ会話の末、ようやく戦闘モードに突入です。
相手の弱点はどこだと思いますか?
 どうやら非常に頭が悪い模様。

4.勘が当たったみたいで、一発で倒せました。
しかし、その戦闘で道具、 AとCを失ってしまいました。
その時のあなたの心境は?
 しまった。今の持ち物で暇をしのげそうなのはあの本だけなのに。

5.そして、いつの間にか腹痛も治っていました。
 ここは入口ではなくスタッフオンリーの場所で、もちろんトイレも無料。ゆえに症状がでないようになっているようです。全く、あくどい資金集めを。北朝鮮と五十歩百歩ではありませんか。

・第6章『悪魔城:2階』

1.2階に上がると、敵が全くいません。
しかし、上へと続く階段が見つかりません。どこにあると思いますか?
 テレビ局などは、テロ組織やゲリラが簡単に占拠しないよう、迷路のような構造になっているといいますが。どこか別の場所にあるのでしょうか。まさか経費節減のため階段を減らしたのでは。

2.残念ながら、あなたの勘はハズレです。あなたはまた探し始めます。
そんな中、どこからともなく声が聞こえてきます。なんて聞こえますか?
 この声は・・・歌。しかも私が好きな。なるほど、悪魔はフォーク音楽のファンなのですか。

3.その声は、天井から聞こえてきます。
天井を探ってみると、登り棒が出てきました。登り棒は得意ですか?
 最初に「体力がないので道具は3つまで」と書かれていたではありませんか。昔から身軽ではありますが、このような棒ではまともに遊んだことがありません。何かしら別の方法で上がっていたような。

4.その登り棒を登っていくと、
さっきまでいなかった敵が下からどんどん登ってくるではありませんか!
 とりあえず、早いところ棒から離れられる場所を探すしかないでしょう。両手がふさがっているのでは何もできませんし。

5.あなたの取った行動によりなんとか凌ぐことができました。感想は?
 なるほど、敵は頭が弱いだけでなく、こういうのも下手なのですか。

・第7章『悪魔城:最上階』

1.いつの間にか最上階です。登り棒でだいぶ体力を消耗しました。
どれくらい休みますか?
 歩きつつ回復するのが私の流儀です。

2.休んでいると、いつの間にか眠ってしまいました。
そこへ敵が現れ、 眠った状態のまま地下牢へ。起きた時のあなたの第一声は?
 私は立ち寝などした覚えはありませんが。

3.こんなところで終わるわけにはいきません。
なんとあなたの持っていた最後の道具で牢が開きました。牢から出られた感想は?
 8桁精算表で?どうやって。

4.牢から出ると、最上階への直通エレベーターがあるではないか!
 これは怪しい。棒なんてものを使わせるくせに、今度はエレベーターとは。ワナの可能性がある。と考えるのが普通でしょう。とりあえず様子を探ってみます。もし閉じ込められたら一巻の終わりだから、ここは十分気をつける必要があるでしょう。
 「定員15人」「耐久重量1000kg」「シンドラーエレベータ製」。ほらワナだ

5.なんとか最上階まで戻って来れました。
さぁ、悪魔はどこにいるのでしょうか。どうやって探しますか?
これ見よがしな玉座とかあったりすれば、で〜んと座っている筈だけど・・・
 各部屋の扉を少しずつ開けてのぞきつつ、こっそり探すしかないでしょう。

6.しかし、なかなか見つかりません。今は留守のようです。
帰ってくるまで待つことにしました。何をして待ってますか?
 とりあえず、弱点か何かを探しつつ、脱出口を探しつつ。

7.1時間後、ようやく悪魔が城に帰ってきたみたいです。
部屋に入っていきました。ここで意気込みを聞かせてください。
 敵地で1時間も待つのはかなり辛いのでは。もううんざり。

8.あなたが部屋に侵入した時の悪魔の第一声は?
「むっ、お前、最強の魔法使いのカテゴリである開発魔道士ではないか」
 どうやら、開発魔法というのは最強の魔法のようで。確かにミサイルの機体制御にもプログラムが使われているとはいえ、もう少し科学技術が進歩して炎やら氷やら打てない限り、勝負では何ともならないのですが。

・第8章『最終決戦』

1.悪魔が攻撃してきました!こちらも攻撃開始です。
持ってきた道具は1つしか残ってません。どうやって戦いますか?
 やむを得ません。8桁精算表で何とかしなければなりません。とりあえず、前もって入手しておいた悪魔城の損益計算書を持ち出し、経常利益や債権額がおかしいことを突いてみましょうか。

2.互角です。悪魔は本気を出してきました。
持っていた道具が壊れました!その時のあなたの心境は?
 何と。予想は大当たり。悪魔は不正をしていたようで。

3.このままでは勝てないと判断したあなたは友達を召喚することにしました。
 とりあえず、召喚するまでもなく、どこからともなく魔道士イリアスが。

4.お友達と協力してもまだ勝てそうにありません。もう一人召喚してください
 いや、勝てるでしょうが。オプションで騎士サーラがついてくるのです。主君だけで危険地帯に行かせるようなマネはしないのでしょう。

5.3人で協力して戦っています。そんな中、携帯電話が鳴り始めました。
お友達の一人に電話がかかってきたようです。お友達は電話に出ました。
電話はどんな内容ですか?
「はい。・・・なに、侵略軍が!本当ですか!?・・・いえ、その戦力差では正面対決は無理です。・・・はい、とりあえず、大隊2つを正面から突っ込ませ、交戦すると見せかけて守備に回ってください。敵軍を食い止めているところを、別働隊で背後に回り込んで奇襲を・・・」

6.悪魔も電話の内容が気になってきたようです。
しょうがないから、電話の内容を教えてあげました。悪魔はなんと答えましたか?
「ふっ、くくっ、すべては予想通りに進んでいる・・・」
「どういう意味なのよ!?」
「分かっておらぬな、魔道士イリアスよ。そもそも私は悪魔などではない。魔物とやらも獰猛な生物をキメラ技術などによって作り変えたり、知能を持たせたに過ぎぬ」
「ここまで大掛かりってことは、何か国家なり組織なりが絡んでるわね。それで、何でそんな手の込んだことするのよ」
「ここで私が魔法技術を用い、この地を征服していると知れば、お前らは必ずやってくるだろう。そして、騎士サーラのいないお前らの軍など、赤子も同然」
「・・・なるほど、ではこの突然の侵略も、あなた方の仕組んだものですか」
「いかにも。騎士サーラよ、お前がいない国防軍など怖くはない。しばしのうちに我らの勝利の報が届くであろう」
「サーラ、この悪魔とやら倒して、早いところ戻るわよ」
「そうはさせぬ。魔道士イリアス、それに騎士サーラ、我が陣に単独で飛び込んでくるとは良い度胸だ。このために、選りすぐりの兵士たちも控えているのだ。絶対に生かしては返さぬぞ。さあ、行くぞ!」

7.悪魔は、うっかり今の発言で弱点を喋ってしまいました。
 向こうから襲ってくるのですか。どうやら血気盛んなようで。

8.弱点を聞いた3人は、早速行動に移しました。大ダメージのようです。
 もはや私は関係ありませんが。相手が血気盛んということで、騎士サーラが相手の攻撃を正面から受け止め、反撃をバシバシ叩き込むのみでしょう。敵兵については、このような混戦になりがちな密集地では、物理的な戦闘よりも広範囲を攻撃できる兵器などが威力を発揮するため、魔道士イリアスの魔法で。

9.予想していた時間よりも長引いています。そろそろみんな体力の限界です。
あなたは最後の一撃に出ようと思い、技名を叫びながら突撃しました!その技名は?
「イリアスさん、あなた手加減していませんか?」(※技名)
「本気出すと肌に来るじゃない」
「サーラさん、何とか言ってください」
「イリアスさんが本気を出さないようにしている以上、私も本気を出すわけにはまいりません」
 ああ、そうですか。

10.悪魔も最後の一撃に出てきました!その時の悪魔のセリフは何?
「ぬ・・・この私までもが!だが、このままでは終わらぬぞ!」
「どういうことよ?」
「魔道士イリアスよ、残念だったな。私が倒れると同時に、この建物も壊滅することだろう」
「自爆装置!?・・・なんて抜け目のない・・・」
「いや、もっと単純なものだ。この建物は耐震偽装によって建築されている。そしてイリアスよ、お前はそこで土属性の攻撃を使った。すなわち、この建物はほどなく崩壊するのだ。くくっ、私とともに消えてなくなるがいい」
「ええっ!?・・・まずいわね。どうしたものかしら・・・」
「・・・いえ、この建物はおそらく、しばらくは崩壊しません」
「サーラよ、何を根拠にしてそんなことが言えるのだ?負け惜しみか?」
「この建物の中身ははっきり言ってスカスカです。構造上、しなりによって地震の力は分散し、今すぐに倒壊するほどの被害にはなっていないでしょう」
「・・・くっ、何ということだ。しかしサーラよ、お前らを道づれにできずとも、お前らの国は我々が・・・」
「イリアスさん、ハードゥンさんからの通信です。・・・はい、敵殲滅?・・・そうですか。我々もこれより戻ります。・・・今から残党の掃討・捕獲に出撃ですか?どうかお気をつけて。ご武運を」
「残念ながら、あなたの野望は全部失敗のようね」
「ふっ、イリアスよ。分かっていないようだな。お前らの国は砂上の楼閣、そして我らの国など、所詮は海辺のさざ波でしかないのだ。我らが敗れても、必ずまた誰かが攻め寄せることになろう」
「その時はその時で、やれるだけやるまでよ」
「我らのような小波ばかりではない。多くの大波も押し寄せよう。イリアスよ、お前はそれを、防ぎ切れるというのか?数日のうちに消える運命にある砂上の楼閣を、そうまでして守るというのか?くっくっく・・・」

11.まだ耐えるのか!と思いきや、悪魔は力尽き消えてなくなりました。
あなたは勝ったのです。キメ台詞は何ですか?
「さて、開発に戻りますか。悪魔なんぞと戦っても、何の技術も得られませんのでね」

12.最初に召喚したお友達のキメ台詞は何ですか?
「あーあ、倒れる時くらい黙って倒れてれば良いのに、何なのかしら」

13.次に召喚したお友達のキメ台詞は何ですか?
「イリアスさん、早くここから出ましょう。すぐには崩壊しないとはいえ、ここの構造計算書を調べてみたところ、これは大変です。私たちをおびき寄せるため、よほどの低予算で突貫工事したようですね。これでは、じきに崩れるでしょう」
「サーラって、どうして建築のことまで分かるのよ・・・」

14.ついに悪魔を倒し、世界に平和が戻りました。
さぁ、帰宅です。どうやって帰りますか?
 公共交通機関を使いましょう。

・エンディング
- Cast -
Second-rated Developer yamicha.com
神様
フェンリル
魔道士イリアス
騎士サーラ
剣聖ハードゥン(電話の主)
最初の魔物/強そうな魔物/追いかけてくる魔物
やられ役の精鋭兵各種
悪魔を名乗る敵

- Copyright -
パッケージ com.yamicha

- Staff -
yamicha.com
And You...

 これでは革命記のエピソードではありませんか。まさか、無断で友人のあの人やこの人を召喚するわけにもいかないでしょう。「And You」というのは、「ご興味があればお持ち帰りください」ということで。
 あれです。おとぎ話ならヴァルキリーとかワルキューレとかヴァルキュリアとかを出しても良かったのでは。グレイプニルが出てくるのですから。どうやらあれもこれもDNA操作か何かで作られたもののようですが。
 さあ、悪魔を倒したら、今度は三角関数とでも戦いますか。面倒な。三角関数は無論習得済みなのではありますが、やはり3Dを扱うには必須の知識であるようで。それにしても、何だってサイン・コサインなのにサインがYでコサインがXなのでしょう。普通はX,Yの順番で書くのですから、COSの方が「正」なのでは。これは気をつけていれば大丈夫ですが、ATAN2では引数がY,Xで渡ります。これを逆にすると痛いことになります。これが実に悪魔より手ごわいのです。困ったものです。
カテゴリ [質問・バトン回答] [トラックバック 0][コメント 0]

ツキアイゲノムバトン
2006/10/01(Sun)21:31:23
 うにうに画像倉庫さんよりツキアイゲノムバトンを回していただきました。なぜにカタカナ?と考えていたら、もともとこのツキアイゲノムとやらがカタカナであるようで。
 それにしても、「ヒトゲノム」などではなぜ「ヒト」だけ日本語なのでしょうか。しかもカタカナ。ま、「ねんきん事業機構」とか「ゆうちょ銀行」、「あっぷる市」「さいたま市」のようにひらがなばかりつかってみばえがわるく、ひょうしぬけするなまえをつかわれるよりましではありますが。はたからみればばかばかしいのに、せいふやしちょうそんのれんちゅうはひらがながおすきなようで。
 具体的にはこちらで自分のタイプを診断し、それの結果と感想を書くものだそうです。
 何だ、このバトンはもしや宣伝のためのものなのか、と考えてみましたが、実際にはこのサイトはリクルートのサイトです。リクルートといえば〜事件で有名な会社ではありませんか。こういう心理占いをやっているとは。
 ちなみに、このサイトでは表付き合いタイプが4タイプのうち1つ、裏タイプが10タイプのうち3つで表されるのですが、実際には裏タイプは

(SELF , WILD , KNIGHT , PURE) + (INSPECTOR , GENERAL , MOTHER , CAPTAIN) + (REALIST , FEELING)

 という具合になっています。単純に全部同じ割合で選ぶとすれば、表25% + 裏25%/25%/50% = 0.78%、128人に1人程度は同じゲノムを持つ人がいるわけです。1億3000万人いる日本国民を128パターンに分けようというのは無理です。
 ちなみに私はことごとく少数派でした。これは後述。

1.貴方のツキアイゲノムは何ですか
 SMART(19%) - SELF(14%) , GENERAL(26%) , REALIST(35%)。ちなみにREALISTはFEELINGとの二者択一です。世の中、フィーリングで考える人が65%前後もいるのですか。リアリストの方が数段多そうなのですが。
 GENERAL以外は大体少数派で、413人に1人の組み合わせです。とはいえ、100万都市クラスの都市には同じ性質の人が2400人はいるわけですが。

このタイプの特徴は・・・
●基本的に『なんかえらそう』です。
●最後に頼れるのは自分という主義。
●きっちりモノを考えるのが好きです。
●話好きだけど、お互い
 あまり詮索しすぎない距離が好き。

2.当たってますか
 正解率6割程度でしょうか。それなら当たっている、と考えるのは少々軽率です。6割程度なら実際にはハズれていると考えるべきです。
 とある占いの実験にて、占いの結果を全く無視して被験者にランダムに性格分析結果を渡したところ、8割は当たっていると答えたといいます。また、血液型占いサイトで血液型とは関係なくランダムに結果を出したところ、実に的中率8〜9割の数値をキープしています。つまり、どんなに当てずっぽうでも大抵8割は当たってしまうのであり、こうした占いや心理テストの効力を証明するためには、誤差まで考えると9割は必要でしょう。

3.どんな点が当たってるor違ってると思う
・セルフ
「遠足で迷子になって勝手に家に帰っちゃうタイプです」
・激しく感情を表に出したりすることが少ないです。
・無駄話や本題になかなか入らない会話を嫌います。
・ヒトになにかモノを頼むのが苦手(下手)です。
・チームの足並みがそろわないとき、勝手にチームを離れ、単独行動に走りがち。

 何となく当たっていますが、これが曲者。誰でも1つ2つは当てはまるものです。血液型占いが当たる理由はコレなのです。前2つはそういう傾向もありますが、3つ目はピンときません。私のサイトにおいては画像リソースは他力本願ですし。4つ目はどうでしょう。要するに、チームと足並みをそろえてはチームごと沈みそうならチームを離れた方が合理的でしょうし、単独行動が無謀ならチームの方が。「国を愛する〜」などというのはまさにチーム絶対主義といいましょうか、こういうのを押し付ける人間の方が自分勝手でしょう。みんなで沈めば怖くない。

・ジェネラル
「基本的に『なんかえらそう』です」
・イエス・ノーがはっきりしています。
・こうと決めたらガンガン行きます。
・人に厳しく、自分にもちょっとだけ厳しいです。
・つい、絶対だ!などと言って、後でひっこみがつかなくなったりします。

 イエス・ノーは何にしてもハッキリしなければダメでしょう。戦術としてあいまいにする場合は、行き当たりばったりであいまいにせず、「あいまいにすべき」としっかり決めておけばボロが出なくて良いです。2つ目については、ガンガン行けないこともしばしば。何をどうがんばっても、できないものはできないのです。4つ目、そういう覚えはあまりありません。大体SELFもREALISTも戦略家でしょう。そう簡単に墓穴を掘りますか。

・リアリスト
「きっちりモノを考えるのが好きです」
・現実主義者
・合理的に考え、効率的にパパッとこなすのが好き
・冷静沈着。ピンチでもパニックにならない自信あり。
・一貫性のない発言をする人は許せません

 なぜここだけ句読点が抜けているのでしょう。それはともかく。これ、要するに理系と文系の区分でしょうか。リアリストは理系、フィーリングは文系。フィーリングに「数字を見るのが好きじゃない」と書かれていることからも明らかです。が、私の場合はあまり当てにならないでしょう。私は無属性であり、理系でも文系でも好きな時に好きな方を好きなだけ使用できるためです。アドバンテージとして大きいのです、これが。
 ちなみにフィーリングですが、

「ふやーっとモノを考えるのが好きです」
・じっくり考えるより、直感的に行動します。
・楽観的で悩みがなさそうに見られがちです。
・数字、データ、メモ、など。実は好きじゃないです。
・前に言ったことを忘れてることがあります。

長所がほとんどないではありませんか。しかもこちらの方が人数は多い(64%)です。これ、理系の人が作ったのではありませんか。後ろ3つは高い確率で短所ですから、前1つに絞りますが、開発時その他では結構「カン」を使います。そう、カンです。手元に4つ同じパイがあったり、他人が捨てたのを使って4つにできる場合に作るカンです。ふやーっと考えると合理的な手順が浮かび、それを直感で補正しつつ突き進む、というのが無属性クオリティ。しかしつくづく、フィーリングにはもう少し長所があっても良かったのでは。

・スマート
・話好きだけど、お互いあまり詮索しすぎない距離が好き。

 それは、あまりベラベラしゃべると信頼失うでしょう。信頼できない、あるいはそれに至っていない人とはそこまで突っ込んだ話をしないのは誰でも同じでは。

4.オモテゲノム、貴方の知り合いにはどのタイプが多いと思う?
 占いなんてものが知り合いに関係するわけがないどれでもいるでしょう。しかしホットは

「友情」とか「ソウル」とか「ラブ」とか大好物

 公道を私物化して騒音出して走り回っている非常識族でもあるまいし。25%もいますかな、こういう人が。これ、絶対言いすぎです。これではHOTというよりDQNでしょう。

5.ウラゲノム、貴方はどのタイプに憧れる or なってみたい
 いくつかが複合しなければ、単体でなってみたいタイプはありません。セルフナイトとか、インスペクタージェネラルとか。逆に、私のイメージではないピュア、短所が多すぎるフィーリングはどうにも。

6.この人のツキアイゲノムが知りたいな!を5人
 占いがお好きな方はお持ち帰りください。所詮心理テストなど「少しだけ当たりやすい占い」、結果を気にするまでもないでしょう。受け取った方はTBをどうぞ。

 で、キャラは作者に似るといいますが、考えてみるとホットとフィーリングに当てはまりそうな主要キャラはほとんどいません。ここは当然ですが。他人に情報ベラベラ漏らしたり、物事をフィーリングで判断しては、戦争には勝てません。ちなみに魔道士イリアスは「隠れリアリスト」のイメージです。普段はかなり頭が悪い模様ながら、意外と頭が良いかもしれない。でもやはり頭が悪い、という。
 しかし、実際には誰でも(キャラでも私でも他人でも)2面性があるもので、こういう心理テストでいえば、大抵は2つ以上の属性を持っています。普段おとなしい人が妙に行動的になったり、何も考えてなさそうな人が意外な思慮深さを発揮したり。
 とにかく、トラックバックが化けなくて良かったです。tok2ブログはインチキなXMLを吐いてくる(JavaのXMLパーサを使って私が作ったRSSリーダーではエラー)など腹の立つ現象をたびたび起こしてくれますが、文字コードはおそらくEUC-JPです。何とかなります。問題はUTF-8ですが、今度こそ大丈夫です。たぶん大丈夫です。大丈夫なのではないでしょうか。
 ついでに、元記事に数回TBをかけているのですが、ことごとくはじかれています。話題の途切れはブログにとって致命傷なのですが。これですからtok2ブログは分かりません。
カテゴリ [質問・バトン回答] [トラックバック 0][コメント 0]

騎士サーラバトン
2006/08/14(Mon)17:26:58
 何やらバトンが回って参りました。やはりここは答えなければ。ということで参ります。

 まず1つ目、「無名のバトン」だそうですが、これ「無名のバトン」という名前なのでしょうか。雪印はスノーブランドですが、無印良品は無印ブランド。「無印」という印があるではありませんか。といいましょうか。

1.あなたの性格は?
 当サイトの管理者は、インタフェース「Developer」を継承しています。以上。

2.あなたは言葉にこだわるタイプですか?
 意味の分かる言葉については、多少乱れていようが気にしません。言葉は意思疎通の道具であり、正しい言葉遣いなど存在しません(その時代の趨勢により、正しいと「ある程度多数の人に解釈されている」言葉なら存在します)。「だらしない」ももとは「しだらない」ですし。
 ただし、意味不明な表現には目くじら立ててこだわります。「よろしかったでしょうか」を進行形で使われると、現在形か過去形かが混乱します。使ってはいけません。

3.座右の銘を教えてください。そしてそのワケは?
 座右の銘ですか。「eval」とか(それは単に結構すさまじいコードばかり書いているだけなのでは)。

4.今まであなたが聞いた名台詞を教えてください。
 料亭行きたい

5.一番、ジェラシーを焼いた瞬間は?
 バトン元記事では「ジェラシーは感じるもので、焼くものではない」と書かれていますが、「心に火をつけて燃やせばジェラシー」。これでこんがり焼けたのでしょう。

6.一番嬉しかった瞬間は?
 魔道士たるもの、失敗は成功のもとどころか、成功は次なる失敗のもと。成功してもストレステスト(ムチャな使い方をしてもバグらないかのチェック)が待ち、それらのエラーを血眼で修正すれば、次には新たな技術が待っています。

7.あなたは物事を極めるタイプ?そうでないタイプ?
 極めようにも、世界は広いです。

8.あなたは自分好き?
 他の部分はともかく、肝心なところで魔法を飛ばすに至らない点があるのはちょっと。修行が足りません。

9.あなたが好きなタイプは?
 知性を持ち、それでいてイヤミのない人。

10.あなたが嫌いなタイプは?
 知性のない人間(知性があっても人を見下すタイプは「知性がない」のと同等)。先の総選挙(低IQ選挙)以後、なおさら「知性は大事だ」と考えるようになりました。

11.「自分しか知らない自分を持ちたい」って思う?
 世界に人は数いても、私と同じように魔法を習得し、私と同じように飛ばせる人は他にいないでしょう。自分しか知らないも何も、公然のような気もしますが。

12.身近にいる人に対してメッセージをどうぞ
 身近とは一体誰なのでしょうか。絞りきれないため、とりあえず全員に通用するものを。お体に気をつけて。

13.バトンを回したい5人は?
 保留。以前のバトンも回しっぱなしですし、自己紹介バトンとさほど変わりませんし。受け取りたい方はどうぞ。

 といったところでしょうか。
 インタフェース「Developer」を継承すれば開発魔法が飛ばせるとしても、いくら開発魔法が使えてもRDBMS魔法が飛ばせるとは限りません。しかし、RDBMS魔法を使えるオブジェクトを受け取りたいとしましょう。あなたならどちらを選びますか?
public interface Developer{
	...
}

・方法1
public interface Database extends Developer{
	...
}
public void method(Database d){
	...
}

・方法2
public interface Database{
	...
}
public void method(<T extends Developer & Database> d){
	...
}
 前者の方が楽は楽ですが、DatabaseがDeveloperに依存することが前提です。逆に言えば、Database以外にもJavaやらCPPやらがDeveloperを継承していたとしても、それの実装クラスでDeveloperさえ実装しておけば、後は差分のみを定義するだけでまとめてインプリメントできます。
 後者の場合、DatabaseがDeveloperと関係なく動作する場合に使えます。「各種リスナを実装したAppletクラスを渡させる」など、こちらも使い道は色々と。RDBMSは開発魔法ですから、RDBMS魔法の場合は前者でしょう。
 それでは次に参ります。「騎士サーラバトン」です。

・朝、起きたらとなりにサーラが寝ていました。さて、どうする?
 レアですから、しばらく眺めるでしょう。あの人が人前で寝る姿を見せることはあまりありません。しかも軽い物音で飛び起きます。「不意打ちに備えて」らしいです。

・そんなことをしてるとサーラが目覚めた!どうする?
 物音を立ててしまったのでしょうか。別に怒りはしないでしょうから、放っておけば良いのですが。

サーラに作ってあげたい得意料理は?
 あの人が食物に興味を示すとは考えられません。しかし作らせると絶品です。刃物を扱うのが上手いのでしょうか。しかし、なぜこれだけ疑問符が半角なのでしょう。

サーラとドライブ、どこに行く?
 開発漬け。あれほど優秀な人がいるのなら、DB使ったCGI/PHPだろうが、次期ゲームだろうが、あっという間に作れます。

サーラがあなたにひとコト言ってくれるって!なんて言ってもらう?
 言ってもらうも何も、言う可能性があることといえば、「何か御用でしょうか」とか。騎士だけに、ひざまずいて言ってくれるのではありますが、そうでもしないと目の高さが合わないらしいです。

サーラがあなたのために歌ってくれるって!
 軍歌でなければ良いのですが。「さよならだけの人生に」など映えそうです。中性ですから、声も大体ご想像の通りです。

サーラがあなたになにかひとつしてくれるって!時間は5分。
 5分では何の技術ももらえませんから、武術でも披露してくれるのでしょうか。5分以内100人斬りとか。

・あなたがサーラになにかひとつしてあげられます。時間は5分。
 とりあえずデュアルナイトのステータス特性をもう少し強くしてあげましょうか。LA、力、体力、素早さの伸び方は冗談ではなく、かといってMRや魔力を伸ばしても使い道がありませんから、魔法耐性辺りを。しかし、そうすると、一体どうやってダメージを与えれば良いのでしょうか。TRの場合、鎧を着ているだけに、雷耐性が他より低いのですが、それでも100(標準)ですから。全耐性とも標準より高いため(特に聖属性)、実は無属性が最も効いたりします。もし「次」があるなら、物理耐性をもう少し上げてみましょうか。

サーラにひとコト。
 どうか無理だけはなされませぬよう。

・次に回す人。
 サーラさん、あなたです。受け取りたい方はご自由にどうぞ。お題は可変とのことですから、例えば「魔道士イリアス連中の中から1人」とか。

 これでバトンは終わりですか。しかし、SQLのネタもありません。バトンで政治問題は書けませんし。ということで、ゲームの実装哲学でも。一部はゲーム以外にも応用できるかもしれません。
 まず良く見かけるのが「くじ引き」システム。いつまで経っても目当てのアイテムが手に入らなければ、リセットすればいつか目当てのものが出るというアレです。ムダ。プレイヤーは(それが貴重品であるなら)大抵、目当てのものが出るまで粘るのですから、手に入るのは「目当てのアイテム」です。しかし、得るアイテムを選択できればあっという間に手に入れられるというのに、繰り返しリセットさせるという手間と労力を与えています。
 つまり、実際問題として「手に入るアイテムを選べる」という前提がありながら、そこに行き着くまでの労力が違うだけなのです。なに、苦労してこそアイテム入手はうれしいもの、ですと?リセット繰り返して苦労して手に入れたところで、うれしいというより奇妙な疲れがたまるだけです。「目当てのアイテムが手に入るまで粘る必要がある」というだけで、他の点は申し分ないのに、再プレイを見送ることがよくあります。
 後はRPGなどでの経験値や得られる資金。やや多い程度がちょうど良いのです。ウロついてひたすら戦うなど、単純作業と変わりません。やる気なくします。しかし、それをして鍛えなければ先に進むのが著しく困難なゲームも結構ありまして、最後まで行ったころには戦闘を続けたせいでプレイヤーはヘトヘト(一気にやれば疲労困憊、少しずつやれば時間がかかる)。ゲーム自体はここから盛り上がるというのに、そのせいでストーリーの展開や伏線を完全に忘れ去っていたりします。要するにムダどころか、下手すると当該RPGそのものをぶち壊しにしかねません。無論、こんな単純作業など達成感もあったものではなく、伏線が良く分かっていなくても、2度とプレイすることはありません。
 特に序盤辺り、バランス壊滅クラスのゲームは結構あります。回復手段も乏しく、戦略にも幅がなく、対処法がないにもかかわらず、それなのに敵がムチャクチャに強いという。こういう開発者の親切を微塵も感じないゲームは、先が思いやられます。テストプレイ中にキツいとか考えなかったのでしょうか。もしかしたら、プレイヤーは初めてRPGをプレイする人かもしれません。序盤は楽勝程度で十分です。せめて回復手段(魔法とか)は早めに低コストで確保できるべきです。
 ザコ敵にボス並みの苦労が要求されるゲーム。たいがいにしてください。緊張感があるのは結構ですが、何の意味があるのでしょう。ボスのようなのが量産され、エンカウントのたびに長期戦で死ぬほど苦労させられるのですか。まずザコ戦はあまり長引くべきではありません。ひたすら繰り返すことになるのですから。
 ボスがやたら強いゲーム。こちらも弱すぎるのは考えものとはいえ、攻撃力がやたら強かったり、卑怯な技を使ってきたり、勝てるのは運任せであったり。特にたびたびセーブができないゲームでボスが運任せクラスに強く、それで敗北したりすれば、発狂モノです。ボスを芸もなく強くするなど誰にでもできます。ただステータスを上げれば良いのですから。
 今回は以上でしょうか。SLGは敵思考を作るのに異常な苦労をしたため(その代わり強いの何の。自分で苦戦しています)、RPG作る方が楽といえば楽なのです。しかし、ネタなくしては。前回クラスチェンジがなかったため(レベルアップでMOVが増えたり、CONが変動したりするため、さすがにクラスチェンジは実装できない)次に作るならクラスチェンジのようなシステムは導入しなければと考えています。しかし、まずは目先のDBの問題を何とかしなければ。
カテゴリ [質問・バトン回答] [トラックバック 1][コメント 0]

とりあえずブログ
2006/07/20(Thu)18:17:20
 ブログ@うにうに画像倉庫さんよりとりあえずバトンなるものを受け取りました。バトンは何も考えずに書けて良いです。
 曰く

どうやら、元が強制バトンで「脅し文句も付いている」そうですが・・・逆に回答する気が なくなってしまうような気がします

 全くです。脅し文句をつけるバトンなどどういう了見だか。「回さなければひどい目にあうぞ」というバトンと、「このメールを10人に回さなければ、あなたは死にます」と称するチェーンメール、はっきり言って同等です。ということで皆様、快適なインターネット社会の構築のため、強制バトンを受け取った際には、強制条項の削除、あるいは受け取り拒否にご協力願います。また、ご自分がバトンを作る際には、「強制条項のあるバトンはチェーンメールと同じ」という意識を持って当たるようにしましょう。
 それにしても、強制的に受け取らなければならないバトン、負債の勘定ではありませんか。当サイトにとっては「バトン」は資産、「強制バトン」は負債ですが、ややこしいことこの上なし。同じ勘定名を含みつつ、資産になったり負債になったりするものとして、「受取手形」「支払手形」や「当座預金」「当座借越」などがありますが、新しく「バトン」「強制バトン」を含めなければ。
 ということは、バトンをスルーするのは債権放棄ですか。それならまだ良いですが、強制バトンを放棄して「踏み倒し」などと言われましても、私は一体どうすれば。その際は遡及権で次々とバトン譲渡者をさかのぼり、もともと強制バトンを作った人間に対して請求してくださいな。
 それでは、回答に参ります。

・3人くらいに回してみよう。
 前のバトンから間がありませんので、今回は「ご自由にお持ち帰りください」ということで。お持ち帰りの際はTBをどうぞ。

1.ぜひこれを聴いて!を5曲
 おや、またもやカラオケ系ですか。「すごい男の唄」や「金太の大冒険」などと言えばツッコミを受けそうですから、ここはまじめに。五十音順です。

・海岸通
 これはもう、私の好きなタイプの曲の原点です。私の持ち歌には(なぜか)悲恋系が多いのです。フォーク系にそういうのが多いからでしょうか。「結婚しようよ」とかあるじゃないか、とツッコミ入れられると困るのですが。カラオケに行かれたら、1度くらい歌ってみてください。イルカの他、かぐや姫も歌っています。しかし、「イルカ」と書くと割とさわやかですが、漢字で書くと「海豚」。

・君と歩いた青春
 例によって私の好きなタイプの曲です。割と暗く、意味深で。好きな曲を見ていくと、底抜けに明るい曲はあまり多くありませんが、これなど典型です。

・中央フリーウェイ
 後に無料化するという約束で建てたヤツ、どこのどいつだ。それはともかく、私にしてはめずらしく、やや明るい曲です。今ならさしずめ「右に見える金貸し屋の看板、左は不祥事工場」といったところでしょうか。

・無縁坂
 結構暗い曲が好き。とすれば、この曲を入れずして何を入れますか。これも1度はどうぞ。

・別れの予感
 テレサ・テンの曲にしては歌いやすい方ですし、良い曲です。教えて、プログラムが動作しない、その理由。

2.こんな異性に弱い!な5ポイント
 異性というより「こんな人間に弱い」のですが、
・知的な雰囲気のある人(ただしイヤミのある人を除く)
・魔法を使える人(RDBMS魔法でも経済属性でも何でも構いません)
・話が好きな人
・諸分野について、はたから見れば外国語としか考えられないような会話ができる人
・私を「開発者」と見るだけで片付けない人(それは確かに、ブログでは開発と社会が多いですが、スキあらば経済学にも法律学にも数学にも手を出します)

3.人生の失敗を5話
 人生の失敗。何とも大げさな。
・ある暑い日、最大風速で扇風機をかけた状態でチャーハンを食べようとして、塩コショウを山ほどかけたところ、塩コショウが風にあおられてタブレットの上に散乱。ふき取るのにかなり苦労しました。
・先の総選挙にて、自民党が堀江被告を事実上公認。この時点で世論が怒り心頭になり、大反発によって一気に情勢が自民不利に傾くと見ていたら、実際には全く逆であった点。実に痛い予想失敗でした。でも後で堀江被告が没落したのは予想通り。
・先にWindows XP SP2をインストールしてしまう。もちろん起動しなくなり、復旧作業でひどい目にあいました。
 5個もありません。つまらない人生だことで。

4.自分の持っているお気に入りな5つ
・Microsoft IntelliMouse Explorer(そこらの光学マウスとは違います。精度が比べ物になりません)
・ジョッキ(350mlがまるまる入るタイプ。何と210円でした。コーヒーを飲むのに愛用しています。これを売っていたテナント店はもうたたんでしまったようです。いくつか買っておけばよかったと後悔)
・コースター(カップの下に敷くアレです。といっても特別なものではなく、無料配布CDをコースターとして使っています
・献血手帳(ちなみに、初回にのみもらえる小冊子には献血結果を書く欄が用意されています。それは良いのですが、せっかく書いておいたら捨てられました。危なっかしいですから、今ではMySQLとJSPで結果を管理しています)
・開発及びサーバー環境のディレクトリ(今まで作ったもの、実験用プログラムなどがギッシリ。有用なライブラリと化しています)

5.幸せなひととき5つ
・苦労して書いたプログラムが動作した時(ただし幸せなのは動作後10〜20秒ほどのみ。そこから検証作業の嵐、そしてバグが出てガッカリ、の繰り返しです)
・開発中の極限の集中状態の初頭(長期戦になるとストレスが増大してきます)
・コーヒーのひととき
・新しい技術(開発関係に限らない。法でも商でも数学でも)を得た時
・私のブログやプログラムに、他のサイトなどで触れてもらった時

 といったところでしょうか。以前のバトンがまだ残っていますので、今回は回す人を指定しないではおきますが、答えたい方はどうぞお持ちください。

 SQL.81。いつになくハイです。

剣聖ハードゥン「サーラ君!・・・おお、イリアス君も一緒か。助けてくれ」
騎士サーラ「一体どうされたのですか?」
剣聖ハードゥン「師団部隊が動乱状態になって困っているのだ」
魔道士イリアス「ええっ!?大変じゃない。でも、どうして?」
剣聖ハードゥン「あまりのバカバカしさに話す気力もないのだが・・・実は・・・」

師団のニーナ「私、今から出撃なんだ」
師団のメリッサ「ふーん、そう」
師団のニーナ「何といっても、騎士は最も役立つ人間だからねー」
師団のメリッサ「はあ?あたいみたいな天才魔道士を前にして何を言い出すかと思えば・・・。あんたなんか、人数の穴埋めでしょ。大体、騎士より魔道士の方が役に立って、ひっぱりダコってのが分からないかな、このヒトは」
師団のニーナ「な、何てことを・・・。自分こそ、出撃人員に選ばれてないくせに!」
師団のメリッサ「この前のティラー会談の時は同行したけど?」
師団のニーナ「私は、その前後に・・・2、度、も、出撃しました!」
師団のアドルフ「やめたやめた。全く、こんな時にまでケンカなど・・・」
師団のメリッサ「アドルフはどうよ。魔道士と騎士とどっちが役立つように見える?」
師団のアドルフ「どっちでもいいだろう。そもそも、師団で最も重要なのは、俺のような事務屋であって・・・」
師団のメリッサ「ふん、なにさ。こっちも寝言を言ってら!」
師団のニーナ「仲裁する気がないんだったら、どっかに引っ込んでて」
師団のアドルフ「むぅ、そういう自分こそ・・・」
剣士カタリーナ「・・・ハードゥンさん、どうしましょうか・・・」
剣聖ハードゥン「あの分では、下手に仲裁に入ってもとばっちりを食い、話がややこしくなるばかりだ。データを突きつけて、頭を冷やさせるとしよう」

剣聖ハードゥン「・・・というわけだ。あまりのくだらなさに頭が痛くなってきたが、何とかしなければなるまい」
騎士サーラ「しかし、どうやって止めるのですか?」
剣聖ハードゥン「この際、適当に理屈をこねるだけで構わぬ。連中、冷静さをなくしているから、データに反論する理性など持ち合わせていない」
騎士サーラ「はい。しかし、どのように・・・」
剣聖ハードゥン「・・・そうだな。まず、次のようなメンバーがいるとする。騎士、魔道士、事務とも3人ずつだ」
系統	名前
魔道士	イリアス
魔道士	カレン
魔道士	メリッサ
騎士	サーラ
騎士	カタリーナ
騎士	ニーナ
事務	シェリー
事務	ロイド
事務	アドルフ
剣聖ハードゥン「これらのメンバーの中で、どの系統が最も役立っているか、だが・・・」
魔道士イリアス「役立っているも何も、どれか1系統でもなくなったら、かなり辛い気がするけど」
剣聖ハードゥン「うむ、本来そうなのだが、今それを話しても分かるまい。そこで、だ。この9人から3人パーティを作るとしよう。例えば、次のようなパーティが考えられよう」
A.イリアス , サーラ , シェリー
B.サーラ , カタリーナ , シェリー
剣聖ハードゥン「これの人数を系統ごとにまとめると、こうなる」
A.魔道士1人、騎士1人、事務1人
B.騎士2人、事務1人
剣聖ハードゥン「考えられる限りのあらゆるパターンにおいて、騎士、魔道士、事務が何人いるかを調べ、それらの人数の合計数を出して欲しいのだ」
魔道士イリアス「上の場合だと、合計は魔道士1人、騎士3人、事務2人ね。でも、そんなデータを使ってどうやって説得するのよ」
剣聖ハードゥン「これを求めれば、上の9人から3人のメンバーを選ぶ際、それぞれの系統のメンバーがどの程度の確率で入るのかが分かるだろう。例えば上のA及びBのパターンから、くじ引きでどちらのパターンにするかを選ぶとする。その場合の各系統からの選ばれやすさは、両パターンの合計である1:3:2になるであろう?」
魔道士イリアス「そうねぇ・・・。騎士が3人、事務が2人選ばれる間に、魔道士は1人が選ばれる程度、ってことね」
剣聖ハードゥン「パターンについては、順番は問題にしない。つまり、"イリアス,サーラ"と"サーラ,イリアス"は、どちらもイリアス君とサーラ君が入るものであるから、同じとみなす」
騎士サーラ「しかし、全系統から3人ずつということでは、全系統ともに同じ人数になるのではありませんか?」
剣聖ハードゥン「うむ。であるから、以下のような条件をつけるものとする。どれも実際の出撃で用いることの多い条件だ」

・3人パーティである。それ以上でもそれ以下でもいけない
・魔道士はか弱いため、1人以上の騎士の同行が必要である
・事務員はさらにか弱いため、1人の騎士の同行が必要であり、しかももう1人騎士か魔道士を入れなければならない
・騎士が2人以上集まる場合、統率者が必要であるが、上記騎士3人のうち騎士サーラのみがそれを行える。つまり、騎士を2人以上入れる場合は騎士サーラが必要である
・魔道士イリアス以外の魔道士を入れる場合、統率のために魔道士イリアスか騎士サーラ(もしくはその両方)が必要である

剣聖ハードゥン「条件はこんなもので良いだろう。これらの条件を満たしたパターンを全部出し、騎士、魔道士、事務が合計何人かを出して欲しい」
魔道士イリアス「分かったわ」

 さあ、また奇問が出てまいりました。シークェルの魔法でスマートに求めることができるでしょうか。

模範解答
 まずテーブルを作るのですが、条件を満たしやすいようにテーブルを作ることが重要です。今回は、通し番号、名前、系統の他、統率者を表すカラムを入れておきましょう。
CREATE TABLE mem(i INT , n VARCHAR(16) , g INT , c INT) ENGINE=HEAP;

INSERT INTO mem VALUES(1 , 'イリアス' , 1 , 1) , (1 << 1 , 'カレン' , 1 , 0) , 
(1 << 2 , 'メリッサ' , 1 , 0) , (1 << 3 , 'サーラ' , 2 , 1 | 2) , 
(1 << 4 , 'カタリーナ' , 2 , 0) , (1 << 5 , 'ニーナ' , 2 , 0) , 
(1 << 6 , 'シェリー' , 4 , 0) , (1 << 7 , 'ロイド' , 4 , 0) , 
(1 << 8 , 'アドルフ' , 4 , 0);
 といったところでしょうか。「c」カラムで統率に関する条件を管理しています。
 それではクエリを打つとしましょう。まず、これらの条件を満たす組み合わせがいくつあるかを調べるなら、
SELECT COUNT(*) FROM mem m1 , mem m2 , mem m3 
WHERE m1.i < m2.i AND m2.i < m3.i AND 
(!((m1.g | m2.g | m3.g) & 1) OR ((m1.g | m2.g | m3.g) & 2)) AND 
(m1.g = 4) + (m2.g = 4) + (m3.g = 4) <= 1 AND 
((m1.g = 2) + (m2.g = 2) + (m3.g = 2) <= 1 OR ((m1.c | m2.c | m3.c) & 2)) AND 
(!((m1.g | m2.g | m3.g) & 1) OR ((m1.c | m2.c | m3.c) & 1));

// Result
35
 35通りですか。さて、ではそれぞれの人数を求めるには。手作業で数えますか?35通り程度なら、それも良いでしょうが。
SELECT ELT(m1.g , '魔道士' , '騎士' , NULL , '事務') AS '系統' , COUNT(*) AS '人数' 
FROM mem m1 , mem m2 , mem m3 
WHERE m2.i < m3.i AND BIT_COUNT(m1.i | m2.i | m3.i) = 3 AND 
(!((m1.g | m2.g | m3.g) & 1) OR ((m1.g | m2.g | m3.g) & 2)) AND 
(m1.g = 4) + (m2.g = 4) + (m3.g = 4) <= 1 AND 
((m1.g = 2) + (m2.g = 2) + (m3.g = 2) <= 1 OR ((m1.c | m2.c | m3.c) & 2)) AND 
(!((m1.g | m2.g | m3.g) & 1) OR ((m1.c | m2.c | m3.c) & 1)) 
GROUP BY m1.g;

// Result
系統	人数
魔道士	35
騎士	49
事務	21
 この通り、騎士が49人で最も多いことが分かります。

師団のニーナ「ほーら、ほら。だから私は、騎士が最も重要だって言ったのよ!」
師団のメリッサ「くっ・・・」
剣聖ハードゥン「ニーナ君、では今回の出撃では、イリアス君とシェリー君、あと配下の魔道士と事務員を同行させないことにしよう。1人で遂行を頼む」
師団のニーナ「あの、これを1人で・・・?誰か他の騎士は・・・」
剣聖ハードゥン「残念だが、皆出払っている。私もまもなく、サーラ君、カタリーナ君と出なければならないのだ」
師団のニーナ「しかし・・・」
剣聖ハードゥン「師団は魔道士も事務もなければ立ち行かぬのだ。それを、どの系統が優秀で、他の系統は不要だと・・・?それで戦闘に勝てるか?」
師団のニーナ「・・・・・・」
剣聖ハードゥン「分かったであろう。もうナンセンスな争いなどしないことだ」
騎士サーラ「さすがはハードゥンさん、やりますね」
剣聖ハードゥン「うむ、騎士や魔道士に優劣などない。どちらが欠けても成り立たぬのだ・・・。かといって、みんなが1人、1人がみんななどと戯言をぬかし、他人にチームワークを押し付ける愚か者も、同じほど嫌いだがな。やたら優劣をつけたがる人間、チームワークを押し付ける人間など、どういうわけか必ず存在するのだが、ここから全体が崩れた例は枚挙に暇がない」

魔道士イリアス「ふぅ、これでトラブルも解決かしら」
騎士サーラ「あれなら、わざわざシークェルの魔法を使わなくても、適当にデータをねつ造すれば、何とかなっていた気がしますが・・・」
魔道士イリアス「でも、事実無根のデータだと、後でそのデータで確執が起きた時に困るからね。適切な判断なんじゃない?」
騎士サーラ「しかし、これでもう不要な確執は・・・」
剣聖ハードゥン「サーラ君、手を貸してくれ!」
騎士サーラ「今度はどうされましたか?」
剣聖ハードゥン「もうくだらなすぎていい加減嫌になるのだが、今度は男女のどちらが優秀か、だと・・・。バカバカしい、そうそう差があるわけがないだろう・・・」
剣士カタリーナ「あの、ハードゥンさん、あれでは手のつけようがありません」
剣聖ハードゥン「どうしたのだ?」
剣士カタリーナ「どういうわけか、今度は世代間対立まで発生してしまいました。若い人と熟練者、どちらが強いのか、などと・・・」
剣聖ハードゥン「む・・・一体どうなっているのだ・・・」
魔道士イリアス「はぁ・・・。もういいわ。サーラ、ちょっと怒鳴ってきて」
騎士サーラ「えっ!?しかし、イリアスさん・・・」
魔道士イリアス「サーラなら中性だし、若くて熟練者だし、相手も反論できないわよ」
騎士サーラ「しかし、なにも・・・」
魔道士イリアス「いいから!やってくれるわね?」
騎士サーラ「はっ」
剣聖ハードゥン「イリアス君もやるではないか・・・」
魔道士イリアス「霊能者と酔っ払いとバカバカしいケンカには、理屈を言っても通用しないのよ・・・」

 このように、SQLは合計人数まで求められて便利です。
カテゴリ [質問・バトン回答] [トラックバック 0][コメント 0]

おダイバトン
2006/07/16(Sun)10:41:24
 ブログ@うにうに画像倉庫さんより、今度はお題バトンなるものが回ってきました。可変性のお題について答えるものとのこと。私のお題は「カラオケの曲」だそうです。なんたることでしょう。趣味がバレるではありませんか。なに、もうバレている?それはそうですが。
 バトン回しの際、TB投げてもらえるのはやはり助かります。日ごろ見ているブログで他にtok2系を使っている人はいませんから、どこが原因であるかは全く不明なのですが、「yamicha.com RSS Reader」でRSSが読めないため、更新が分からないのです。とりあえずちょくちょく閲覧するようにはしていますが。
 それでは、能書きはこの辺にして、バトンに参ります。

1.家の中に置いてあるカラオケの曲は?
 昔は8ミリカセットがあったのですが、「カラオケの曲を置く」というのはどう解釈したものでしょう。歌えるものでよければ、色々あります。その中から割と気に入ったものを20曲ほど可逆WMAでHDDに取り込んで聞いています。最近のCCCDとやらではこのようなこともできないのですか。不便極まりなし。やはり「虚作権」はのさばらせるべきではありません
 ちなみに取り込んでいるのは、イルカ、テレサ・テン、ガロ、加藤登紀子など。他にもかぐや姫や南こうせつなど色々と。

2.今妄想しているカラオケの曲は?
 妄想とは、一体どういう。別に四六時中カラオケの曲を考えているわけでは。実装の際は極限の精神集中状態を長時間維持しなければなりませんので、カラオケの曲を妄想するのは難しいです。
 ただ、バトンを回してくださったブログ@うにうに画像倉庫さんが西遊記の再放送を見たりしていたとのことで、そこから次々連想するなら、ガンダーラ(ゴダイゴ)、街の明り(堺 正章)辺りでしょうか。好きなカラオケの曲を耳のそばで、君のために低く歌い。

3.最初に出会ったカラオケの曲は?
 確か「黒の舟歌」です。個人的には男女差より、開発者かそうでないかの方が人格的に異なっている気がします。車の免許を持っている方の多くは経験済みでしょうが、免許を取ると道路を歩く場合であっても、車の動きがほとんど読めるようになります
 同じく、開発者になるとものの見え方が完全に変わります。ある意味で「一般人」との乖離が生まれます。開発者は「論理的に道筋を立て、無限にある答えから自分に合った1つを導き出す」ものですから、文系でも理系でもいけません。ゆえに「理系は開発者」というのは理系至上主義者が言い出したハッタリです。
 そうすると、「男女差」などは開発者同士では別に存在しなくなり、逆に「開発者と一般人の間には、深くて暗い川」が生じます。これを日本人は「変人」と呼びます。例えば男はアルバトロス、例えば開発者は宇宙外生命体。

4.特別な思い入れのあるカラオケの曲は?
 特別ではなさそうですが、「なごり雪」。他人とカラオケに行くと、私は様々なフォークを100曲ほどは歌えるのですが、他の人は聞くと気分が悪くなるような音楽(なぜかは知りませんが、曲によっては吐き気がします。ほとほと困っています)を歌い、唯一の共通言語が「なごり雪」ということも珍しくありません。イルカだと、個人的には「海岸通」の方が好きなのですが。
 今回、バトンが「カラオケの曲」で回ってきたから余裕で答えられましたが、これが「モエ」やら「最近の曲」やら、はたまた特撮モノ、フィギュア、有名人であったりすれば、大変なことになっていたでしょう。あなたがカラオケの曲を選んだのは、私への思いやりだったのでしょうか。
 「五番街のマリーへ」や「リンダ」のような意味深な曲も。どちらもそれなりのエピソードがあるようです。アン・ルイスはミドルネームがリンダであり、それの結婚に贈られた曲であるとか。テレサ・テンといい、どうしてああも日本人離れしているのでしょう。なお、日本語部分と英詩の部分は結構内容が違います。
 「知床旅情」は知床の取材・撮影後に住民と別れる際、即席で作られた曲だそうです。ですから「別れの日は来た、ラウスの村にも。君は出て行く、峠を越えて」というのは実際そうなのです。なお、知床には実際に「羅臼」という地名があります。
 あと「虹と雪のバラード」、札幌オリンピックの歌です。この前、これの作詞を手がけた方が死去したとのことでしたが、曲は当面残るのです。最近のくだらない愛唱歌の多さといったら。ところで、日本に戦争と万博とオリンピックは要りません。
 「オリビアを聴きながら」。以前から割と好きな曲なのですが、なぜか知っている人がちらほら。何と某ドラマの主題歌になっていたようです。名曲を掘り出してくるのは構いませんが、こういう使い方は正直迷惑です。若い人が曲に先入観持ったらどうする。「海岸通」とか下手なドラマに使われたら、私はきっと抗議文を送ります。

5.最後にバトンを回したい五人とそれぞれのお題は?
 相手がバトンを負債とみなさないのであれば、回すことはできます。できるのですが。お題をどうすべきか全く分かりません。

・今妄想している勘定科目は?
・特別な思い入れのあるタバコ規制方法は?
・家の中に置いてある数学の定理は?
・最初に出会ったマスコミによるねつ造報道は?

 却下。ゆえに回すのはやめておきます。答えたい方、お好きなようにお題を考えて持っていってくださいな。それにしても「音楽」で回されなくて良かったです。「ゲーム音楽」などであれば大変なことになっていたでしょう。自分の曲の中では、「騎士サーラのテーマ曲」など好きですが。
 ゲームソングについては、書き始めるとキリがありませんが、FF6の崩壊後飛空挺入手後、天地創造の森の中の曲、イース4の平原の曲、タクティクスオウガの最初のタインマウスの丘で流れる曲、FC版カービィの2-1の曲、フロントミッションのOCU・PMO軍との敵対後のフィールド音楽、同ガンハザードの出撃画面音楽など。これは後にその手のバトンが来たら、詳しく語ることになるでしょう。そういうバトンが来るかは別として。
 まだバトンが続くかもしれないので、本日のところはこの程度にしておきます。
カテゴリ [質問・バトン回答] [トラックバック 0][コメント 0]

[1] [2] [3] 次のページ->
- Blog by yamicha.com -